建築科



建築は、人々の生活上さまざまな要求を満たし、快適で便利な空間をつくり出す役割を担っています。

この生活環境づくりのために、幅広い知識と技術を駆使して建築物の設計や施工に従事するのが建築技術者です。

本科ではこのような技術者を養成します。

特色
木造住宅の基本から出発し、最低限、木造二階建住宅の設計製図ができ、

鉄骨造・鉄筋コンクリート造などについても基礎的な知識が得られるように指導しています。

合格を目指す資格
二級建築士(受験資格:卒業後実務経験3年)

一級建築士(受験資格:二級建築士取得後実務経験4年)

二級建築施工管理技士(受験資格:卒業後実務経験3年)

一級建築施工管理技士(受験資格:二級建築施工管理技士取得後実務経験1~5年)

建築施工技術者(在学中:二級建築施工管理技士受験の際一部学科免除)

建築技術検定(在学中:福島県の高校生のみ)

建築科日誌

建築科の出来事

第10回ものづくりマイスター<建築科>

最後のものづくりマイスターが行われました。

模擬試験を行いましたが、時間内に終わらず未完成だった生徒もいました。

冬休み中に練習を行い、今年度も全員が合格できるように頑張りたいと思います。

第9回ものづくりマイスター<建築科>

猪狩様のご指導の下、墨付け・加工・組立てを行いました。

まだ完璧に寸法を覚えていない生徒もいて、効率よくできませんでした。

残りの1回は模擬試験なので、全員が完成できるよう頑張ります。

 

ふくしまけんせつ・どぼく女子座談会

11/27

ふくしまけんせつ・どぼく女子座談会

本校建築科女子生徒1・2年生、平工業高校土木環境工学科女子生徒1・2年生、磐城農業高校 緑地土木科女子生徒1・2年生を対象に、建設業で働く女性の方々から、仕事の仕事内容や建設・土木業の現状について意見を交わしました。

第6回ものづくりマイスター<建築科>

猪狩様のご指導の下、課題図に記載されている寸法を確認しながら、墨付け手順を学びました。

また、ものづくりコンテストに参加する生徒も練習を行い加工の仕方についてご指導いただきました。

「福島イノベーション・コースト構想」 人材育成に係る企業見学<建築科1年>

9月16日(水)建築科1年生を対象に、「福島イノベーション・コースト構想」人材育成に関わる見学会を実施しました。
 午前は「福島ロボットテストフィールド」、午後は「楢葉遠隔技術開発センター」を見学させて頂きました。ドローンの操縦を生徒全員が体験し、最先端の技術に触れる大変良い機会となりました。コロナ禍で大変な中、見学させていただきましてありがとうございました。ご協力いただきました方々に感謝申し上げます。